柔道 男子。 【柔道チャンネル】男子 A強化選手

2020年東京オリンピックの柔道競技

IJFポイントランキング:11位 【最近の戦績】 2016年 全日本選抜柔道体重別選手権大会 81kg級 優勝 リオデジャネイロ柔道競技(五輪) 81kg級 3位 柔道グランドスラム東京 81kg級 優勝 2017年 全日本選抜柔道体重別選手権大会 81kg級 優勝 2018年 柔道グランドスラム大阪 81kg級 3位 2019年 柔道グランドスラム・エカテリンブルグ 81kg級 2位 全日本選抜柔道体重別選手権大会 81kg級 優勝 柔道グランプリ・モントリオール 81kg級 優勝 柔道グランプリ・ザグレブ 81kg級 優勝 柔道グランドスラム・ブラジリア 81kg級 優勝 柔道グランドスラム大阪 81kg級 優勝 2021年 柔道グランドスラム・タシケント 81kg級 3位 東京五輪(柔道) 81kg級 優勝 大野 将平 Ono Shohei• 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 1 概要 [ ] 試合時間は4分間であるが、4分経過時点でスコア()に差がついていない場合はの時間無制限の延長戦で決着させる。 IJFポイントランキング:4位 【最近の戦績】 2016年 全日本選抜柔道体重別選手権大会 66kg級 優勝 柔道グランドスラム・チュメニ 66kg級 優勝 柔道グランドスラム東京 66kg級 優勝 2017年 柔道グランドスラム・パリ 66kg級 優勝 全日本選抜柔道体重別選手権大会 66kg級 優勝 世界柔道選手権大会(ハンガリー:ブダペスト) 66kg級 優勝 柔道グランドスラム東京 66kg級 優勝 2018年 柔道グランドスラム・エカテリンブルグ 66kg級 優勝 世界柔道選手権大会(バクー:アゼルバイジャン)66kg級 優勝 柔道グランドスラム大阪 66kg級 2位 2019年 全日本選抜柔道体重別選手権大会 66kg級 2位 世界柔道選手権大会(東京:日本)66kg級 3位 柔道グランドスラム大阪 66kg級 優勝 2020年 柔道グランドスラム・デュッセルドルフ 66kg級 優勝 2021年 柔道グランドスラム・アンタルヤ 66kg級 優勝 東京五輪(柔道) 66kg級 優勝 髙藤 直寿 Takato Naohisa• IJFポイントランキング:1位 【最近の戦績】 2016年 柔道グランドスラム・パリ 100kg超級 優勝 全日本選抜柔道体重別選手権大会 100kg超級 優勝 全日本柔道選手権大会 3位 柔道ワールドマスターズ・グアダラハラ 100kg超級 3位 リオデジャネイロ柔道競技(五輪) 100kg超級 2位 2017年 全日本選抜柔道体重別選手権大会 100kg超級 3位 2018年 柔道グランドスラム・デュッセルドルフ 100kg超級 2位 全日本選抜柔道体重別選手権大会 100kg超級 2位 全日本柔道選手権大会 優勝 世界柔道選手権大会(バクー:アゼルバイジャン) 100kg超級 3位 2019年 全日本選抜柔道体重別選手権大会 100kg超級 優勝 世界柔道選手権大会(日本:東京)100kg超級 2位 柔道ワールドマスターズ・青島 100kg超級 優勝 2021年 柔道グランドスラム・アンタルヤ 100kg超級 2位 アジア・オセアニア柔道選手権大会 100kg超級 優勝 ウルフ アロン Wolf Aaron•。

11
IJFポイントランキング:4位 【最近の戦績】 2016年 柔道グランドスラム・パリ 100kg級 3位 全日本選抜柔道体重別選手権大会 100kg級 優勝 柔道グランドスラム・バクー 100kg級 3位 講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 100kg級 優勝 2017年 全日本選抜柔道体重別選手権大会 100kg級 優勝 全日本柔道選手権大会 2位 世界柔道選手権大会(ハンガリー:ブダペスト) 100kg級 優勝 2018年 柔道グランドスラム大阪 100kg級 優勝 2019年 柔道グランドスラム・パリ 100kg級 2位 全日本選抜柔道体重別選手権大会 100kg級 2位 全日本柔道選手権大会 優勝 世界柔道選手権大会(日本:東京)100kg級 3位 柔道グランドスラム大阪 100kg級 3位 柔道ワールドマスターズ・青島 100kg級 2位 2021年 柔道グランドスラム・アンタルヤ 100kg級 2位 アジア・オセアニア柔道選手権大会 100kg級 優勝 東京五輪(柔道) 100kg級 優勝 向 翔一郎 Mukai Shoichiro• 大陸枠の配分 男子 女子 計 アフリカ 12 12 24 ヨーロッパ 13 12 25 アジア 10 10 20 オセアニア 5 5 10 アメリカ大陸 10 11 21 計 50 50 100• ロス五輪 新種目が16 女子マラソン決定 柔道無差別級も復活 1981年10月2日夕刊14ページ• IJFポイントランキング:11位 【最近の戦績】 2016年 全日本選抜柔道体重別選手権大会 73kg級 優勝 リオデジャネイロ柔道競技(五輪) 73kg級 優勝 2018年 柔道グランドスラム・デュッセルドルフ 73kg級 優勝 柔道グランドスラム大阪 73kg級 優勝 2019年 柔道グランドスラム・デュッセルドルフ 73kg級 優勝 全日本選抜柔道体重別選手権大会 73kg級 優勝 世界柔道選手権大会(東京:日本) 73kg級 優勝 2020年 柔道グランドスラム・デュッセルドルフ 73kg級 優勝 2021年 東京五輪(柔道) 73kg級 優勝 阿部 一二三 Abe Hifumi• また、男女混合団体戦には個人戦にエントリーした選手のうち、団体戦の該当階級である男女6階級 男子73 kg級(60 kg級、66 kg級の選手も可)、90 kg級(73 kg級、81 kg級の選手も可)、100 kg超級(90 kg級、100 kg級の選手も可)、女子57 kg級(48 kg級、52 kg級の選手も可)、70 kg級(57 kg級、63 kg級の選手も可)、78 kg超級(70 kg級、78 kg級の選手も可) の選手を揃えることが出来る全ての国が参加可能となった。

2020年東京オリンピックの柔道競技

: (1992年ー2008年48 kg級) (五輪柔道史上唯一の個人戦のみでの5大会連続メダル獲得) 最年少金メダリスト• 男子 [ ] 1964 1972-1976 1980-1984 1988-1992 1996- 無差別 重量級 80 kg超 重量級 93 kg超 重量級 95 kg超 重量級 100 kg超 軽重量級 100 kg以下 軽重量級 95 kg以下 軽重量級 93 kg以下 中量級 90 kg以下 中量級 86 kg以下 軽中量級 81 kg以下 中量級 80 kg以下 中量級 80 kg以下 軽中量級 78 kg以下 軽量級 73 kg以下 軽量級 71 kg以下 軽中量級 70 kg以下 軽量級 68 kg以下 軽軽量級 66 kg以下 軽軽量級 65 kg以下 軽量級 63 kg以下 超軽量級 60 kg以下 4 6 8 7 7 女子 [ ] 1988-1996 2000- 重量級 72 kg超 重量級 78 kg超 軽重量級 78 kg以下 軽重量級 72 kg以下 中量級 70 kg以下 中量級 66 kg以下 軽中量級 63 kg以下 軽中量級 61 kg以下 軽量級 57 kg以下 軽量級 56 kg以下 軽軽量級 52 kg以下 超軽量級 48 kg以下 7 7 無差別級の廃止 [ ] 1980年のの際、が無差別級を廃止すると決定したことに、同年7月31日 IJF は撤回を要求した。

1

オリンピックの柔道競技

10
。 。

柔道男子連続金メダルは5日目でストップ 向が3回戦敗退も「後悔ない」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

。 。

14
。 。

2020年東京オリンピックの柔道競技

。 。 。

20
。 。

柔道のオリンピック日本人男子メダリスト一覧…記憶に残る3選手|【SPAIA】スパイア

。 。

14

オリンピックの柔道競技

オリンピックの柔道競技・日本人メダリスト一覧

18
。 。

オリンピックの柔道競技・日本人メダリスト一覧

。 。

15

柔道のオリンピック日本人男子メダリスト一覧…記憶に残る3選手|【SPAIA】スパイア

6

柔道のオリンピック日本人男子メダリスト一覧…記憶に残る3選手|【SPAIA】スパイア

。 。