淀川 長治。 淀川長治

ほぼ日刊イトイ新聞

約32年に渡って務めた『』の解説の締め括りに「 サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ!」と強調して言う独特の語り口から全国的に有名になり 、「 ヨドチョーさん」「 ヨドさん」「 サヨナラおじさん」等と呼ばれる程に多くの視聴者に親しまれてきた。

11
学習研究社『暮らしの知恵』第1巻第4号より 誕生 (42年) 西柳原町 死没 1998-11-11 (89歳没) 職業 ・雑誌編集者 国籍 活動期間 - ジャンル 映画評論 主な受賞歴 第10回読者賞 第4回 日本映画ペン倶楽部賞 第36回特別賞 パートナー 独身(未婚) 親族 淀川又七(父) りゅう(母) 淀川美代子(編集者、姪) 公式サイト 淀川 長治(よどがわ ながはる、(明治42年) - (平成10年))は、、、映画。 叔父は、うちの母親と姉弟で、 わたしも父親がいなくて、 叔父は家族がいなくて、 わたし、母親、祖母、叔父の4人という、 地味な家族だったんですけど。

大不幸のあとには見違える神戸が、きっと(文・淀川 長治)|神戸っ子アーカイブ Vol.3

出演 [ ] テレビ [ ]• 「他人歓迎」 お茶の間の顔に [ ] 淀川は(昭和35年)から(昭和38年)まで、で放送された海外ドラマ『』の解説で脚光を浴びた。 イントレランス 散り行く花 キッド 愚なる妻 十誡 ロイドの要心無用 チャップリンの黄金狂時代 キートンのセブン・チャンス 戦艦ポチョムキン メトロポリス 嘆きの天使 自由を我等に 街の灯 雨 グランド・ホテル 或る夜の出来事 大いなる幻影 駅馬車 風と共に去りぬ 邂逅 めぐりあい チャップリンの独裁者 果てなき船路 レベッカ 市民ケーン 疑惑の影 我が道を往く 荒野の決闘 美女と野獣 赤い靴 自転車泥棒 ママの想い出 第三の男 サンセット大通り 羅生門 河 恐怖の報酬 禁じられた遊び 西鶴一代女 ライムライト シェーン 終着駅 七人の侍 夏の嵐 道 エデンの東 旅情 死刑台のエレベーター 戦場にかける橋 大いなる西部 大人は判ってくれない 太陽がいっぱい 甘い生活 かくも長き不在 処女の泉 素晴らしい風船旅行 ウエスト・サイド物語 突然炎のごとく アラビアのロレンス 奇跡の人 鳥 野のユリ コレクター アポロンの地獄 暗くなるまで待って 2001年宇宙の旅 ジョニーは戦場へ行った ベニスに死す ゴッドファーザー ポセイドン・アドベンチャー スケアクロウ 家族の肖像 ザッツ・エンタテインメント ジョーズ アニー・ホール ブリキの太鼓 ディーバ アマデウス カオス・シチリア物語 冬冬の夏休み カイロの紫のバラ グッドモーニング・バビロン! ザ・デッド 「ダブリン市民」より 八月の鯨 ラストエンペラー 霧の中の風景 コックと泥棒、その妻と愛人 ニュー・シネマ・パラダイス Field of Dreams 髪結いの亭主 The Sheltering Sky シザーハンズ アダムス・ファミリー テルマ&ルイーズ さらばわが愛 覇王別姫 The Nightmare Before Christmas ピアノ・レッスン 日の名残り オリーブの林をぬけて スモーク キッズ・リターン. 「ほぼ日」のコンテンツは タイトルのすぐそばに 「こういう内容ですよ」ということが わかるような短いリード文を つけているんですけれど、 ぼくたち、それを「ヨドガワ」って 敬意をこめて、呼んでいるんです。 映画愛と作品へのコメントは別もの》 《淀川長治さんの生前の仕事を「キネマの神様」に向けられたもののように使うのはどうかと思う》 《子供の頃、テレビ越しに語りかけてくれる淀川さんのコメント大好きだったので、特定の映画の(しかも淀川さんは見ていない映画の)宣伝で私物化しないでほしい》 《これは、さすがに冒涜なんじゃないか……》 《映画評論家・淀川長治さんが見てもいない映画にコメントすると思っているのか?》 また映画評論家の町山智浩氏(59)は同CMに言及し《淀川長治さんは『日曜洋画劇場』で山田洋次監督『男はつらいよ』が放映される時はいつも、解説をしませんでした》とツイート。

9
東京映画友の会 [ ] (昭和23年)には映画好きの若者を集めて「東京映画友の会」 (当初は「『映画の友』友の会」)を結成。 淀川長治ラジオ名画劇場(、1973年 - 1981年) CM [ ]• 概略 [ ] 少年時代 [ ] にて置屋の跡取り息子として父・又七、母・りゅうのもとに生まれる。

淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒(女性自身)

淀川(美代子)さんが、 お生まれになったときには もう叔父さんがいらっしゃったんですか? 淀川 物心ついたときはいたんですね。 今日、そういうのは必要ないと思って 持ってこなかったんですけど、 叔父がハリウッドに行って、 映画スターに会ったときの写真が いまでも山のようにあるんですよ。

17
淀川 ユナイテッド・アーティスツという 映画会社の宣伝部を経て 『映画之友』(のち『映画の友』に改題) という雑誌の編集長を 1968年に廃刊になるまで、 長くつとめていました。

淀川長治の生涯

糸井 ぼくは淀川長治さんのことを よく知っているわけではないんですけれど、 知ってる限りで言うと、 映画会社の方だったんですよね。 。 。

。

ホテル住まいと独身と〜淀川長治さんの生涯に思う〜

。 。

。

淀川長治さん「つまんない映画」でも途中で帰らず…その深いワケ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

。

19
。 。

淀川長治

。 。

3
。 。

淀川長治の名言の重みがスゴイ!映画解説に捧げた生涯

。

12
。 。

淀川長治

。 。

9
。 。

淀川長治の生涯

。 。 。

4
。