植田 今日子。 パターナリズム

植田今日子さんのこと

2002年 筑波大学大学院 環境科学研究科文化生態学研究室 修士課程修了 2008年 筑波大学大学院 博士課程 人文社会科学研究科修了 2010 年 東北学院大学 教養学部 専任講師 2013 年 東北学院大学 教養学部 准教授 そもそもなぜわたしが消滅しない集落を訪ね歩くことになったのかについて説明をいそがなければならない。 日本語では 家族主義、 父権主義、 、中国語では 家長式領導などと訳される。 (原著は、Eliot Friedson, Professional Dominance : The Social Structure of Medical Care, Atherton Press, 1970)• 上智大学 主な著書・論文・調査研究報告等 単著(2016) 『存続の岐路に立つむら』 昭和堂 分担執筆(2016) 『災害文化の継承と創造』 臨川書店 編著(2015) 『災害と村落』 農山漁村文化協会 分担執筆(2013) 『途絶する交通、孤立する地域』 東北大学出版会 共編(2013) 『更地の向こう側-解散する集落「宿」の記憶地図』 かもがわ出版 所属学会 日本社会学会、文化人類学会、日本村落研究学会、環境社会学会他 研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー 社会学は他者に出会い、ゴールのない「旅」をつづけるためのコンパスだと思っています。

20
環境社会学研究 環境社会学会 18 0 : 60-81. (うえだ きょうこ) 1997年 京都外国語大学 外国語学部 フランス語学科卒業 1999 年 University of London, Institute of Education, M. なお、米国においては父権訴訟 parens patriae action と呼ばれる、州の司法長官 attorney general などが市民のためにする民事訴訟制度がある。 が挙げているパターナリズムの例のなかで、国家と国民に関係するものとして、オートバイ運転者に着用を義務づける法律、を犯罪とする法律、両者の同意を得ているを禁止する法律、などがある(Gerald Dworkin, 'Paternalism' in Rolf E. , Paternalism, University of Minnesota Press, 1983,p. parents of the country 市民の親 として民事案件である消費者被害などで消費者の被害救済を求めて損害を与えた企業などに民事の損害賠償請求訴訟を起こす。

植田 今日子

パターナリズム paternarism の「パター pater」の語源は、父親 father を意味するからである(江崎一郎「パターナリズム - 概念の説明 - 」、加藤・加茂編、1998年、65頁)。 以下のパターナリズムの類型については、、 中村直美 「パターナリズムの概念」、井上正治; 西山富夫編 『刑事法学の諸相 : 井上正治博士還暦祝賀』 有斐閣、1981年。 植田 今日子 ウエダ キョウコ ueda kyoko E-mail: 主な授業担当科目・現在の専門分野 環境と民俗、地域社会学、社会調査方法論 II 、演習、環境社会学、民俗学、生活史 最近の研究分野・テーマ等 〈災い〉と〈生活の糧〉をもたらす両義的な自然への適応過程についての研究 災害常習地に伝わる、災いへの備えや警戒の間世代的伝承・継承についての考察 架橋を境に離島をやめたシマ社会の変動についての研究 「一回性」の災害と「常習的」災害の伝承・継承のあり方についての研究 経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等) 2008年 筑波大学大学院 人文社会科学研究科 博士課程修了[博士(社会学)] 2010年 東北学院大学 専任講師 2013年 東北学院大学 准教授 日本村落研究学会奨励賞受賞(論文の部・2009年)、関西社会学会優秀報告賞受賞(2007年) 教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動 フィールドワーク(質的調査)を通して地域社会が自治を図ろうと展開する戦略や、危機的状況において発揮する創意工夫について考察してきた。

17
概要 [ ] 「パターナリズム」という用語自体の起源 については、16世紀には「父権的権威( Paternal authority)」という言葉がすでに存在し、それが19世紀後半に「パターナリズム( Paternalism)」という言葉になったという。 2002年 筑波大学大学院 環境科学研究科文化生態学研究室 修士課程修了 2008年 筑波大学大学院 博士課程 人文社会科学研究科修了 2010 年 東北学院大学 教養学部 専任講師 2013 年 東北学院大学 教養学部 准教授 そもそもなぜわたしが消滅しない集落を訪ね歩くことになったのかについて説明をいそがなければならない。

パターナリズム

8
詳しくはの Law, Liberty and Morality, Stanford University Prress,1963および「法による道徳の強制」、『法哲学研究』3、1972年、有斐閣を参照。

植田 今日子

2002年 筑波大学大学院 環境科学研究科文化生態学研究室 修士課程修了 2008年 筑波大学大学院 博士課程 人文社会科学研究科修了 2010 年 東北学院大学 教養学部 専任講師 2013 年 東北学院大学 教養学部 准教授 そもそもなぜわたしが消滅しない集落を訪ね歩くことになったのかについて説明をいそがなければならない。 。 。

。 。

植田先生紹介

。 。

16

植田 今日子

。 。

7
。 。

訃報 2021年2月

。 。 。

3