なべ なべ そこ ぬけ 歌詞。 なべ なべ そこ ぬけ 歌詞

かごめかごめ 原曲の歌詞 意味と解釈

あんたがたどこさの歌詞 あんたがたどこさ ひごさ ひごどこさ くまもとさ くまもとどこさ せんばさ せんば山には たぬきがおってさ それを りょうしが てっぽうでうってさ にてさ やいてさ くってさ それをこのはで ちょっとかぶせ スピードを上げたり、突然ゆっくりしたり、アレンジを加えて難易度を上げてみるのも楽しいでしょう。 勝ってうれしい はないちもんめ 負けてくやしい はないちもんめ となりのおばさんちょっと来ておくれ 鬼がいるから行かれない お釜かぶってちょっと来ておくれ お釜が底抜け行かれない 江戸時代の鉄鍋や鉄釜は、結構穴が開きやすかったのだろうか。 かごめ かごめ かごのなかへ(の)とりは いついつねやる よあけのまえに つるつるつッペッた なべの なべの そこぬけ そこぬけたらどんかちこ そこいれてたもれ 江戸中期の『かごめかごめ』と同じく、『』を思わせる歌詞が登場しているが、さらに「そこぬけたらどんかちこ」と興味深いフレーズが追加されている。

14
。 歌詞(現代版) かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ 江戸中期の『かごめかごめ』 『かごめかごめ』の原型・原曲が確認できる最も古い現存の文献は、1820年頃に編纂された「竹堂随筆(ちくどうずいしゅう)」という童謡集とされている。

なべ なべ そこ ぬけ 歌詞

5

なべ なべ そこ ぬけ 歌詞

18

なべなべそこぬけ 歌詞の意味・由来・遊び方

。 。

なべ なべ そこ ぬけ 歌詞

。 。

12

かごめかごめ 原曲の歌詞 意味と解釈

。 。 。

なべ なべ そこ ぬけ 歌詞

11

なべ なべ そこ ぬけ 歌詞

。 。 。

16
。 。

なべ なべ そこ ぬけ 歌詞

。 。