ランドクルーザー。 【最新版】トヨタ ランドクルーザー80:80系の特徴と解説

新型トヨタ・ランドクルーザーが遂に発売! 初登場の「GRスポーツ」も要注目!!

0Lターボ 駆動方式 4WD 全長 3,975mm-4,680mm 全幅 1,690mm-1,790mm 全高 1,885mm-2,110mm 2,730mm 先代 、フロント、を新デザインのものに変更、ヘッドランプも丸型2灯からの角型2灯に変わり、より乗用車テイストへと大きく印象を変える。 コラムシフト 3速 J30型 1960年1月 - 1972年9月• 13B-T(直列4気筒 OHV 直噴式 過給器付き 3,431cc 1984年 - 1990年)• (直列6気筒 OHV 過流室式 3,980cc 1984年 - 1990年 日本国内は設定なし)• (直列6気筒 OHC 直噴式 過給器付き 4,164cc 2001年 - 2006年)日本国外向け• 0 L 95 ps 1KZ-TE型 直4 3. エンジンは当時、4 t積大型トラック や大型バス などに用いられていたエンジンの亜流である・3,400 ccの を搭載した。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2009年9月14日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2014年8月25日 ,• また、ZXベースの「ZX 60th Black Leather Selection(60thブラックレザーセレクション)」、AX Gセレクションベースの「AX G 60th Black Leather Selection(60thブラックレザーセレクション)」を設定。

( DOHC 3,955cc 2009年 -)• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2011年12月19日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2017年7月20日 ,• はショート( J21、25等)の2,285 mmと、やや長いミドルの( J24、28等)2,430 mmの二種類でスタート、後にロング(FJ35V、2,650 mm)が追加される。

【最新版】トヨタ ランドクルーザー80:80系の特徴と解説

H41F型(4速フロアシフト 1984年 - 1993年 日本国内は設定なし)• (直列6気筒 OHC 過流室式 4,164cc 1990年 -)• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2017年9月12日 ,• 【GX】の装備 9インチディスプレイオーディオ LEDヘッドライト 18インチアルミホイール 6:4分割リアシート レザーステアリング Toyota Safety Sense パノラミックビューモニター ブラインドスポットモニター インテリジェントクリアランスソナー リアデフロック(オプション) 指紋認証(オプション) パイオニア製10スピーカー(オプション)• 第3期 [ ] BJ40LV-KC(ディーゼル) 西ドイツ以外の欧州向けモデル 突起物に関する規制が厳しい西ドイツ向けは、フロントタイヤ前カバーの追加、エンジンフードのキャッチを金属フックからベルトにするなどの変更が行われた。 幻の50「系」 [ ] 50「系」の開発計画は当初、ショートホイールベースの2ドアハードトップとロングホイールベースの4ドアステーション・ワゴンの二本立てであり、その時点では名実ともに 50「系」であった。

15
ディーゼルエンジンの1HZ型は初期のベーシックグレードであるSTDやGXに搭載、後期のGXと上級グレードのVXとVXリミテッドにはターボ付きの1HD-T型(1990年 - 1995年)、1HD-FT型(1995年 - 1997年)が搭載された。 現在50番台の 55、 56型が 50「系」ではなく、 「型」と呼ばれる理由はここにある。

ランドクルーザー生誕70周年記念スペシャルサイト

モデルライフを通じて常に存在したグレードはVXとVXリミテッドで、STDは1989年 - 1993年、GXは1989年 - 1998年に販売。

11
BJ・FJ型(1951年-1955年) [ ] (現・)への納入を狙い、 トヨタ・ジープBJ型として開発され、(26年)にが完成した。

トヨタ「ランドクルーザー78」6年ぶり再導入! 日本では70系終売も… 「具体的な要望」受け現地で決定(くるまのニュース)

R151F型(5速フロアシフト 1PZ型エンジン搭載車 1990年 - 1994年、1HZ搭載車 1999年 -)• 7 L 163 ps 5VZ-FE型 V6 3. 2018年6月 衝突回避支援パッケージの名称を「Toyota Safety Sense P」から、「」に変更。 ( 3,955cc 1984年 - 1992年 国内では消防用シャーシのみ)• 2018年4月 衝突回避支援パッケージの名称を「Toyota Safety Sense P」から、「」に変更。 0 Lターボ 135 ps 1KD-FTV型 直4 3. プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2020年8月3日 ,• 前史 [ ] 中、トヨタによって少数が生産された・ 四式小型貨物車こと「AK10型」四輪駆動車は、でされた通称「」をして設計された。

12
関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2014年8月25日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2007年9月18日 ,• (公式発表なし) 2014年8月25日 特別仕様車「ZX "Bruno Cross"」を発売。

ランドクルーザー(トヨタ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

H55F型(5速フロアシフト 3F型エンジン搭載車 1984年-1992年、3B型エンジン搭載車 1984年 - 1990年、1HZエンジン搭載車 1984年-1999年)• 4L 185ps ディーゼル 直4 2. プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2013年1月8日 ,• 年表 [ ] 2007年9月18日 フルモデルチェンジ。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 ディーゼル 3DA-FJA300W 3345cc 5 10AT フルタイム4WD 5名 9. 第1期 [ ] 1970〜73年頃の北米向けモデル FJ40LV• 0 L V6 249 ps ディーゼル 5L-E型 直4 3. ( DOHC 直噴式 インタークーラーターボ 4,461cc 2007年 -)日本国外向け• プレスリリース , トヨタ自動車, 2019年9月20日 ,•。 また、国外向けには V型8気筒DOHC 4,461cc()のやV型8気筒DOHC 5,663cc()、V型6気筒DOHC 3,955cc を搭載したモデルを販売している。

17
( OHV 過流室式 3,431cc 1984年 - 1990年)• 悪路走破性ついては、サスペンションの基本性能ではホイールアーティキュレーション(タイヤの浮きづらさ)を向上、世界初の「E-KDSS(Electronic Kinetic Dynamic Suspension System)」の採用による接地性向上、ドライバー視点で障害物を直感的に可視化できる「マルチテレインモニター」の採用、走行路面を判定し自動でモード選択する「マルチテレインセレクト」の採用など、新技術を投入した。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2016年8月29日 ,• ( OHC 過流室式 3,469cc 1990年 - 1993年)• 年表 [ ] (3年)6月10日 300系がオンラインで世界初公開。

トヨタ・ランドクルーザープラド

プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2009年4月16日 ,• 4 L 185 ps 1GR-FE型 4. 日本国内のみ排出ガス対策(識別記号K-)のため、ディーゼルエンジンをB型から3,168 ccの 2B型に変更、型式も BJ41と BJ44となる。

10
(直列6気筒 DOHC 4,477cc 1992年 - 2009年 日本国外向けのみ)• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2021年6月1日 , 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。